江戸の歴史を知る

醒ヶ井駅は、滋賀県のJR東海を走っている駅となっており、同じ路線を走っている駅の中では一番西にある駅となります。この醒ヶ井駅は複合タイプのホームとなっており、全部で2面3線の作りをしています。醒ヶ井駅は冬になると多くの雪が積もり、真っ白な世界が広がっています。また、醒ヶ井駅の近くには、彦星の塚や織姫の墓が存在しています。七夕の織姫と彦星の伝説を知っている方は非常に多いと思いますが、その墓が醒ヶ井駅の近くにあるのです。もし興味のある方は訪れてみてください。また、醒ヶ井駅の周辺は過去に江戸の宿場町として栄えていました。そのことから、醒ヶ井駅付近には資料館が存在しています。この資料館には江戸のころからの歴史を知ることができます。この資料館は有料となっており、毎週月曜日が休館日となっています。
醒ヶ井駅からは徒歩5分程度で行くことが可能ですので、もし興味のある方はぜひ訪れてみてください。また、醒ヶ井駅周辺には他にも観光スポットが存在していますので、囲炉裏おと見学していってください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ